お問い合わせ
2 分で読むことができます。

Community Edition A2019移⾏について

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2020年9月29日

Automation Anywhereで提供されていたCommunity Editionについてのお知らせとなります。
以前から利用されていた⽅にはすでに案内があったかと思いますが、2020年6⽉1⽇より旧Community Edition(バージョン11)のサポートが終了し、Control Roomログイン時に以下の画⾯が表⽰されるようになり、利⽤できなくなりました。

1. 終了画面

<翻訳>
今日からRPAの旅を始めようCOMMUNITY EDITION A2019
すべての良いものには終わりがありますが、それはより良いものへの道を切り開くためです。Automation Anywhereでは、Community Editionのユーザーに最新のテクノロジープラットフォームへのアクセスを提供したいと考えています。そのために、昨年末には、純粋にウェブベースのクラウドネイティブなEnterprise A2019プラットフォームの一部として、新しいCommunity Editionプラットフォームを発表しました。これまでCommunity Edition v11をご利用いただいていた方は、そろそろCommunity Edition A2019に移行しましょう。

2020年6月1日より、Community Edition v11はサポートされなくなり、アクセスできなくなります。今後は、Community Edition A2019という1つのプラットフォームで運用することになります。このページで利用できるリソースは、互換性のあるボットをCommunity Edition A2019に移行するのに役立ちます。以前のプラットフォームをご利用いただいていた皆様に感謝し、新しいCommunity Editionをお楽しみいただければ幸いです。

今回は新Verの「Community Edition A2019」の移⾏⽅法について紹介させていただきます。

1.タイトルにある「GET COMMUNITY EDITION A2019」をクリックします。
2. Get Commmunity Edition

※リンク先は下記の通りです
https://www.automationanywhere.com/products/enterprise/community-edition/migration-steps#

2.登録画⾯に移動するので、必須項⽬を⼊⼒し、「GET FREE COMMUNITY EDITION」をクリックします。
3. 登録画面

 

3.リクエストが送信され、登録したメールアドレスに下記件名のメールが送信されます。
image-20200608060556002


4.メール内の「Control Room URL」にアクセスすると、ログイン画⾯に遷移します。
4. ログイン画面

 

5.メールに記載のユーザー名、初期パスワードを⼊⼒し、ログインします。5. ホーム画面

こちらのホーム画面から、Botの作成を進めていきます。
次回は、Bot作成について紹介いたします。

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。