お問い合わせ

データ連携プロセスをノーコードなどで実現

株式会社Srushが、株式会社メディックス(以下、メディックス)におけるデータ統一クラウドサービス「Srush」の導入事例を、11月9日に発表している。

メディックスではマーケティングと営業・顧客データが分断されており、技術的かつ工数・コスト的にデータ連携のハードルが高いという課題が、BtoBデジタルマーケティングの長年の課題として存在してきた。

この課題を解決するべく、ソリューション開発ができるパートナーを探した結果、データ連携におけるプロセスが「オールインワン」かつノーコードでできることや、多様なツールと連携可能なことなどを評価し、「Srush」の導入に至った。

施策の投資対効果の可視化などに寄与

メディックスでは「Srush」の導入後、BtoBマーケティングにおける施策の投資対効果(ROAS、ROI、LTVなど)の可視化を実現。受注や売上などの成果指標で、マーケティング施策のPDCAサイクルを確立したことにより、受注数の増加のほか、売上拡大にもつながった。

今後も同データ統一クラウドサービスを活用し、BtoB企業がマーケティング活動において、適切に投資判断し、売上・事業拡大のための本質的なPDCAの確立を図っていくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Srush プレスリリース

https://www.srush.co.jp/news/20231109

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは、BIツールの無料紹介セミナー(動画)を配信しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

 

最新記事

3 分で読むことができます。

【Looker】Looker Studioが持つ特徴や機能についてご紹介

1 分で読むことができます。

バックオフィスDXPO大阪24に出展します!

2 分で読むことができます。

モダナイゼーション成功の秘訣とその方法を解説します!