お問い合わせ

日立ソリューションズがクラウド型データプラットフォーム「Snowflake」の提供を開始

企業内の分散データの一元的な集約・管理が可能に

株式会社日立ソリューションズ(以下、日立ソリューションズ)が、クラウド型データプラットフォーム「Snowflake」の提供を開始したと、11月16日に発表しました。

「Snowflake」は、マルチクラウドで提供されるデータウェアハウスサービスで、企業内の分散データの一元的な集約・管理が可能です。利用規模や負荷に応じて、リソースを柔軟かつ無限に近い拡張を実現するオートスケール機能を搭載、高速処理を可能にします。

顧客企業はデータクラウド内で、サイロ化したデータを統合。管理データを簡単に検索し、安全に共有しつつ、さまざまな分析ワークロードの実行が可能となりました。

ニーズに合わせたBI/DWHシステムの構築も支援

日立ソリューションズは、「Tableau」、「MotionBoard」などといったBI製品を利用し、顧客企業のニーズに合わせたBI/DWHシステムの構築を支援する「BIコンシェルジェサービス」も提供しています。

今回は同サービスのラインアップに、従量課金制かつ初期投資を抑えつつ、柔軟な運用を可能にする「Snowflake」を追加し、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進をさらに支援していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社日立ソリューションズ プレスリリース

https://www.hitachi-solutions.co.jp/

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎週おすすめのBIツールの無料紹介セミナー(オンライン)を開催しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

 

オンラインで無料相談会を開催しています。

データ活用やBIツールの導入でお困りでしたらご相談下さい。15年200社以上の経験を元にご相談を承ります。

 

データ活用無料相談会はこちら

 

最新記事

1 分で読むことができます。

アイスマイリーが「データ分析AIカオスマップ」を公開

1 分で読むことができます。

福田組が人財データ分析基盤として「LaKeel BI」を導入

1 分で読むことができます。

よく耳にするSCMって結局なに?CRMとの違いも解説