お問い合わせ

物流施設内機器の連携が可能、+Aが独自開発システムをリリース

物流業界の自動化・ロボティクス化による高度化に寄与

プラスオートメーション株式会社(以下、+A)が、物流業界の自動化、特にロボティクス化促進による高度化には必要不可欠な開発システム「+Hub」を正式にリリースすると、10月7日に発表しました。

「+Hub」は、多様な物流ロボットの連携を手軽かつ簡単に行える開発システムであり、+Aのロボット運用・倉庫オペレーション・ITシステム開発の知見を結集して、システム要求・要件の詳細化を進めることで誕生しました。

オンプレミスとクラウドの両方に対応しています。クラウド版では、物流現場におけるWES DB/RCS logなど、重要情報・データの蓄積・可視化・分析を可能にするBIツールを充実させており、本部と課題解決を促進するための結節点になります。

初期投資ゼロのRaaSで次代のロジスティクスを創造

「+Hub」には、簡単操作・早期導入・月額定額の3つの特徴があり、特に+Aでは高い機動力と柔軟性を維持し、初期投資ゼロからサブスクリプション型のロボットサービス「RaaS」を提供。自動化機器を物流業界全体で融通して同業界全体をつなげ、物流ロボットシェアリングネットワークを構築することで、次代のロジスティクスを創造していきます。

+Aは三井物産、日本GLP、豊田自動織機の3社が株主となっており、東京都品川区にあるデモ兼R&Dスペース「cube」では、パートナー企業と共同で研究開発を推進。実際にロボット見学や体験が可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プラスオートメーション株式会社 プレスリリース

https://plus-automation.com/doc/20211007PR.pdf

プラスオートメーション株式会社のプレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000051623.html

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎週おすすめのBIツールの無料紹介セミナー(オンライン)を開催しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

 

オンラインで無料相談会を開催しています。

データ活用やBIツールの導入でお困りでしたらご相談下さい。15年200社以上の経験を元にご相談を承ります。

 

データ活用無料相談会はこちら

 

最新記事

1 分で読むことができます。

アイスマイリーが「データ分析AIカオスマップ」を公開

1 分で読むことができます。

福田組が人財データ分析基盤として「LaKeel BI」を導入

1 分で読むことができます。

よく耳にするSCMって結局なに?CRMとの違いも解説