お問い合わせ
1 分で読むことができます。

CData、生成AIのGPTを使ってデータを引き出せる機能をリリース

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2024年1月30日

Topics: ニュース
CData、生成AIのGPTを使ってデータを引き出せる機能をリリース

『AI Generator』提供開始

CData Software Japan合同会社は、データ仮想化サービス「CData Connect Cloud」において、生成AI技術GPTを活用したデータ分析指示が行える『AI Generator』機能をリリースしたと2023年12月21日に発表した。

指示を解読、データ化

「CData Connect Cloud」は、さまざまなSaaS業務のデータ連携をノーコードで実現できるサービス。Salesforce、kintone、Google BigQuery、スマレジ、PCA クラウドなど150種類以上のサービスに対応している。

今回の新機能『AI Generator』は、GPTが自然言語処理(NLP)モデルによりユーザーからのデータ分析指示を解読し、SQL構文に変換するというものだ。

たとえば「今年の売上の月次データを取引先ごとに出して」「売上の前年同期比は?」「Google Analytics の月ごとのキャンペーンレポートがほしい」などの文章を打ち込むだけで、AIが理解しデータ化して表示する。

BIツールなどに活用できる

生成したクエリはBI・データ分析ツールなどに出力して利用することが可能だ。

分析に関する知識レベルが問われることなくデータを取得できるため、マーケティングやセールスなどの担当者も手軽にデータ活用、データ分析が行える。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

CData Software Japan合同会社のプレスリリース(PRTIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000205.000017545.html

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは、BIツールの無料紹介セミナー(動画)を配信しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

 

最新記事

3 分で読むことができます。

【Looker】Looker Studioが持つ特徴や機能についてご紹介

1 分で読むことができます。

バックオフィスDXPO大阪24に出展します!

2 分で読むことができます。

モダナイゼーション成功の秘訣とその方法を解説します!