お問い合わせ
1 分で読むことができます。

ウイングアーク1stがデータ分析基盤「Dr.Sum」に「CData」のコネクタを採用

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2024年1月29日

Topics: ニュース
ウイングアーク1stがデータ分析基盤「Dr.Sum」に「CData」のコネクタを採用

クラウドアプリとのゼロETLが可能に

ウイングアーク1st株式会社(以下、ウイングアーク1st)が12月19日に、データ分析基盤「Dr.Sum」の最新版Ver.5.7の提供を開始し、「CData」のコネクタを採用したと12月19日に発表している。

「Dr.Sum」はデータ分析基盤で、企業内に蓄積されたさまざまなデータを高速集計できるデータ分析基盤として、7,200社以上に導入されている。

今回、同データ分析基盤がデータ連携コネクタに「CData」を採用。SalesforceやkintoneなどのクラウドアプリとのゼロETLを可能にし、ユーザーへの更なるデータ連携の広がりを提供できるようにした。

「MotionBoard」に続く採用に

今回の「CData」のコネクタ採用は、企業内に蓄積されたさまざまなデータを高速集計できるBIダッシュボード「MotionBoard」に続くものだ。

ウイングアーク1stは、単にデータを蓄積するだけでなく、現場がデータを自由自在に扱えるデータ活用環境を作り出す存在であるために、引き続き“つながり”を生み出せるような「Dr.Sum」の機能拡充を進めていくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ウイングアーク1st株式会社 プレスリリース

https://corp.wingarc.com/public/202312/news2664.html

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは、BIツールの無料紹介セミナー(動画)を配信しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

 

最新記事

3 分で読むことができます。

【Looker】Looker Studioが持つ特徴や機能についてご紹介

1 分で読むことができます。

バックオフィスDXPO大阪24に出展します!

2 分で読むことができます。

モダナイゼーション成功の秘訣とその方法を解説します!