お問い合わせ
1 分で読むことができます。

「CData Sync」と「CData API Driver」、「freee」とのデータ連携を開始

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2022年5月18日

Topics: ニュース
「CData Sync」と「CData API Driver」、「freee」とのデータ連携を開始

連携したデータを活用して経営分析の可視化を可能

CData Software Japan合同会社(以下、CData)が、「CData Sync」と「CData API Driver」を、「freee」とデータ連携させたと5月11日に発表しました。

「CData Sync」は、クラウド(SaaS)データをデータベースとDWHに同期するレプリケーションツールで、「CData API Driver」は、SaaSやクラウドAPIからODBC、Power BIなどのインターフェースを通じてデータ利用を可能にするドライバーです。

今回の連携により、「freee」の各サービスのデータを、外部サービスや各種アプリとの連携をスムーズに行えるようにしたほか、連携データをBIツールなど利用で加工・分析することができ、経営情報の可視化なども可能にしました。

Google BigQueryなどとデータ同期も

「CData Sync」と「CData API Driver」を「freee」と連携する例としては、freee会計向けのAPI Profileを使用して、「CData Sync」でGoogle BigQueryとデータ同期したり、クラウド会計freee のAPIをドライバー化したりすることが挙げられます。

なお、「CData Sync」と「CData API Driver」は「freee」のアプリストアに掲載されており、連携アプリも同アプリストアから利用可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

CData Software Japan合同会社 プレスリリース

https://www.cdata.com/jp/news/20220511-freee-profile.rst

CData Software Japan合同会社のプレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000121.000017545.html

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは、BIツールの無料紹介セミナー(動画)を配信しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

 

最新記事