お問い合わせ
1 分で読むことができます。

primeNumberの「trocco」、NI+CのETL製品ラインアップに追加

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2022年1月21日

Topics: ニュース
primeNumberの「trocco」、NI+CのETL製品ラインアップに追加

「trocco」をNI+CのETL製品ラインアップに

株式会社primeNumber(以下、primeNumber)が、日本情報通信株式会社(以下、NI+C)とパートナー契約を締結し、「trocco」をNI+CのETL製品ラインアップに追加したと、12月23日に発表しました。

ETLは「Extract(抽出)」、「Transform(変換)」、「Load(書き出し)」の略で、企業システム内にあるデータを抽出・分析しやすいように加工・変換し、データ蓄積するデータウェアハウスへ書き出しや保存といった一連の処理が可能なツールです。

今回、primeNumberはデータ活用を効率化するクラウド型サービス「trocco」を、NI+CのETL製品ラインアップに追加。完全日本語対応をしているサービスで、日本企業も安心して利用でき、Google BigQueryやSnowflakeなど、およそ100種類もデータソースとの接続も可能です。

データ分析基盤構築・運用の支援SaaS

「trocco」は、データ転送やデータマート生成、データガバナンスなど、データエンジニアリング領域をカバーした分析基盤構築・運用の支援SaaSで、さまざまなデータ連携・整備・運用を自動化でき、データ活用環境のスムーズな整備が可能です。

専用のSDKでウェブサイトのページビュー・イベント・メール開封ログなどを収集し、利用しているDWHに転送ができるほか、SQLエディタで変換処理を書くだけで、DWH上のログをビジネス活用しやすい状態にすることもできます。

また、DWH上の蓄積データの柔軟なテスト・検証ができるほか、データ分析基盤の運用に必要な支援機能を、エンジニア目線で開発も行います。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社primeNumber プレスリリース

https://primenumber.co.jp/?p=619

株式会社primeNumberのプレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000039164.html

trocco

https://trocco.io/lp/index.html

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは、BIツールの無料紹介セミナー(動画)を配信しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

 

最新記事