お問い合わせ

■目次

QlikViewでDual関数を使用してリストボックス内の項目を任意の順番にする

QlikView(クリックビュー)では、Dual関数を用いることでリストボックス内の項目を任意の順番にすることができます。

「dual(a,b)」は、2つの値を1つの項目の値として持つことができ、表示されるのは最初の値(a)です。

(b)はソートをするときに使用されるため、(b)を編集することによって表示順を操作します。

今回は、1~12月を、4~3月の順に並べ替える方法を説明していきます。

リストボックスの作成

 

■基本設定

1.リストボックス追加ウィンドウを開きます。

2.【項目】から『月』を選択します。

dual1

 

■プレゼンテーション

1.【プレゼンテーション】タブを選択します。

2.【1列】のチェックをオフにします。

3.【固定列数】のチェックをオンにして、数値を「12」にします。

4.【列でソート】のチェックをオフにします。

5.【OK】ボタンを押します。

 

dual2

 

以上です。

以下のリストボックスが作成された事が確認できます。

 

dual1

 

 

ロードスクリプトの編集

1.ロードスクリプト編集ウィンドウを開きます。

 

dual2

 

2.月の部分に「dual(月,if(月>=4,月-3,月+9)) as 月」と記入します。

(既にある月の項目を、if文の中で順番を設定)

3.リロードします。

 

dual3

 

4~3月表示に変更された事が確認できます。

dual4

 

 

この他にも、スライダーや積み上げ棒グラフの軸項目「dual(年,sum(売上金額))」などに応用することができます。

 

Qlikで使える関数一覧は、こちら

Qlikで使えるloadscript(ロードスクリプト)一覧はこちら

 

QlikViewを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。QlikViewとQlik Senseの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlikViewとQlik Senseの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

KJ

執筆者 KJ

セールスマーケティング 部長 野球部 部長