お問い合わせ
2 分で読むことができます。

QlikViewでユーザー制限(セクションアクセス)する方法

執筆者 Deck 更新日時 2013年9月01日

QlikViewでユーザー制限(セクションアクセス)する方法

QlikViewでユーザー制限(セクションアクセス)する方法

QlikView(クリックビュー)ではユーザー制限を設定することができます。

ユーザー単位で見せる情報も設定できます。

ではユーザーの作成方法を説明していきます。

 

ユーザーの作成

1.ロードスクリプトの編集ウィンドウを開きます。

2.【挿入】をクリックします。

3.【セクションアクセス】から【インラインロード】をクリックします。

 

CreateUser01

 

■ アクセス制限テーブルウィザード
1.【基本ユーザー アクセス テーブルボタン】を押し【USERID】と【PASSWORD】にチェック入っていることが確認します。

2.【OKボタン】を押します。

 

CreateUser02

 

■ インラインデータウィザード

1.【ACCESS】【USERID】【PASSWORD】のユーザー情報を入力します。

2.【OKボタン】を押します。

 

CreateUser03

 

■ ロードスクリプトの編集

1.【セクションアクセス】が追加されているのを確認して【リロード】をクリックします。

 

CreateUser04

 

ユーザーの設定

1.テキストオブジェクトの追加ウィンドウを開きます。

 

■ 基本設定

1.【テキスト】に『=QVUser()』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

 

CreateUser05

 

動作確認

1.ファイルを保存しQlikView を閉じます。

2.QlikView を開き、先程のファイルを開きます。

3.【ユーザーID】と【パスワード】を入力し【OKボタン】を押します。

CreateUser06

 

テキストオブジェクトでユーザー名が表示されていることが確認できます。

 

Qlikで使えるloadscript(ロードスクリプト)一覧はこちら

 

QlikViewを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。QlikViewとQlik Senseの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlikViewとQlik Senseの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

Deck

執筆者 Deck

BIスペシャリスト