お問い合わせ
1 分で読むことができます。

【QlikView】システムテーブル

執筆者 KJ 更新日時 2015年3月11日

目次

Qlikview(クリックビュー)では、システムテーブルのオブジェクトを追加することができます。

システムテーブルとは、Qlikviewに含まれているテーブルやカラムを一覧で表示することができるオブジェクトです。

今回はシステムテーブルについて、ご紹介していきます。

 

 

1.データの読み込み

 初めにQlikviewを開きます。

 次に【ロードスクリプトの編集】を開きます。

 【テーブルファイル】から、データを読み込み、リロードをします。

 

キャプチャ1

 

データの読み込みが完了しました。

 

2.システムテーブルの追加

 【シートオブジェクトの追加】から、【システムテーブル】を選択します。

 システムテーブルが完成しました。

 

キャプチャ2

 

3.システムテーブルの説明

 売上明細の列を確認すると、「売上明細」テーブルの中に「日付コード」、「製品小分類コード」、「伝票番号」、「仕入金額」

 「仕入先営業所コード」、「売上金額」、「売上数量」、「顧客コード」のカラムが存在していることが確認できます。

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。QlikViewとQlik Senseの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlikViewとQlik Senseの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

KJ

執筆者 KJ

セールスマーケティング 部長 野球部 部長