お問い合わせ

目次

こんにちは。Michaelです。

今日はピボットテーブルやテーブルに画像を入れ込むことができるプラグイン、Embed Images を紹介します。

Embed Imagesとは?

先述の通り、テーブル、もしくはピボットテーブルの行に画像を表示させることができるプラグインです。データにカラムとして画像のURLを持ち、設定時には、行にそのURLのカラムを設定し、画像表示の設定してあげるだけで簡単に表示することができます。

早速やっていきましょう。

インストール

Embed Imagesは公式のプラグインになります。インストールはSisenseのマーケットプレイスから。

ダウンロード、解凍し、以下のパスに配置し、Sisenseサーバーをリスタートします。

C:Program FilesSisense\app\plugins

実装

画像の前準備

画像の取得

犬の画像は、American Kennel Clubというウェブサイトから拝借しました。犬のブリードについての情報、かわいい犬の画像が満載です。

akc

犬の写真を右クリックで「画像のアドレスをコピーする」を押し、画像の保存先のURLをコピーします。

この工程を他の犬データについても行います。

pug_right_click

さて、ここで確認のため、コピーした画像URLをChrome上のアドレスにペーストして、オリジナル画像を参照してみるとサイズが729px x 486pxとテーブルの中に入れ込むには大きすぎることがわかります。

pug_black

テーブルに埋め込む画像のサイズをSisense側で変更することは不可能です
(Embedded ImagesプラグインのJSファイルにCSSの記述があり、そこに追記すればレスポンシブに対応できそうな気がしますが、それはまたの機会に)

今回は画像に前処理を施し、サイズをオリジナルの20%のサイズ、146px x 97pxにリサイズの処理を行います。画像編集ソフトを使いましたが、この工程は割愛します。他の犬の画像データについても同様にリサイズを行います。

画像をウェブ上に配置

次にトリムした画像はローカル環境にあるので、Sisense上に表示するため、ウェブ上に配置する必要があります。無数にサービスがあり、どこでもかまいませんが、今回はimgurを使用しました。

リサイズした5つの犬の写真をまとめてアップロードし、1つずつ右クリックから「画像のアドレズをコピーする」でURLをコピーし、元データのImage_URLの対応するカラムに値をペーストしていきます。

dog_upload

right_click

スクリーンショット 2020-10-01 201855

これで前処理は完了です。

 

データモデリング

特にモデリング側で設定することはありません。画像のURLをカラムとしてテキスト型で持っているだけで十分です。

今回のデータを見てみましょう。犬が5種類、以下のカラムを持っています。

Dog_ID
それぞれの犬固有のID、ユニーク値

Dog_Type

犬の種類
Image_URL

画像の配置してあるURL
Friendliness

なつきやすさ(0 - 10)
Cuteness

可愛さ(0 - 10)
Strength

強さ(0 - 10)
Aggressiveness

アグレッシブさ(0 - 10)

Embed Imagesでは画像を表示するために、画像のURLをカラムとして持っている必要があります

preview

犬データを取り込んで、ウィジェット作成に移りましょう。

ウィジェット

ピボットテーブルを新規に作成します。以下のように値を設定しました。


・Dog_ID
・Dog_Type
・Image_URL


・Total Friendness
・Total Cuteness
・Total Aggressness
・Total Strength

行に設定したImage_URLをImageにRenameします。

確認すると、ImageのURLがそのままURLのテキストとして表示されています。

not_pic

Imageに変換するためには以下のように設定します。

  1. ウィジェット編集画面の右上の「3つの点」をクリックします。
  2. プラグインが正常にインストールされると、Image URL Columnというオプションが増えているので、ここをクリック
  3. 行に設定したカラムが表示されます。ここからImageをクリックする

img_column

すると、URLだったテキストが画像として表示されました!

とっても楽チンです。

dog_show_pic

 

完成物:

dog

 

まとめ

今回は、テーブルもしくは、ピボットテーブル内に画像を挿入できるプラグイン、Embedded Imagesを紹介しました。使用頻度は高くないかもしれませんが、使えるところでは使って、UXを向上したいですね。

それでは、また!Viva, Sisense!!

Michael

執筆者 Michael

1 分で読むことができます。

【Widget】ウィジェットの背景を変更する

3 分で読むことができます。

Hello, Sisense(サイセンス) world!

8 分で読むことができます。

【Blog】Spotify音楽データの分析①