お問い合わせ
1 分で読むことができます。

セルフサービスBIツール「Tableau」とは?

執筆者 Jimmy 更新日時 2017年11月14日

Topics: 初心者
セルフサービスBIツール「Tableau」とは?

この記事は、『ゼロからわかる!Tableau入門講座』の第1回の記事です。
目次はこちら

『ゼロからわかる!Tableau入門講座』では、全10回で以下のダッシュボードを作成する過程を、解説していきます。


データ分析に興味があるけれど、どうやったらいいかわからない……」

ビッグデータって単語をよく聞くようになってきたけど、これっていったい何?」
エクセルとパワーポイントのグラフでプレゼンテーションをやってきたけれどできることに限界を感じてきた!」

という方、この連載でTableauの基礎を抑えて、データアナリストへの第一歩を踏み出しましょう!

そもそもTableauを使うと何ができるの?

 

  • 売上や顧客数などのデータの可視化(集計したり、グラフにしたり)ができる
  • 年月・教科・商品などのデータをワンクリックで絞り込んで即座に再計算ができる(エクセルではできませんよね?)

Tableauを使うとどんなことができるのか、簡単に説明してみましょう。

データをTableauに取り込んで、ダッシュボードを表示するのはもちろん、グラフをクリックして気になるデータだけに絞り込むことができます。

全データを俯瞰して眺めることと、その一部分へ絞り込んで分析することができるのです。

例えば、この画面のデータを絞りこんで、

特定のカテゴリのみを表示させることができます。

どんなものかイメージできましたでしょうか?

Tableauの特徴や製品ラインナップはこちらのページで詳しくまとめています。

より詳しくTableauについて学びたい方向けにTableau紹介セミナーも開催しておりますので、是非ご参加ください。

これから一連の記事でこれらのチャートを一緒に作成していきましょう。
それでは、また次回の記事で。

→第2回『データに接続してみよう!』を読む

Tableau入門講座の目次へ

Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABではTableau紹介セミナーを定期開催しています。Tableauの製品紹介や他BI製品との比較だけでなく、デモンストレーションを通してTableauのシンプルな操作性やプレゼンテーション機能を体感いただけます。

詳細はこちら

Jimmy

執筆者 Jimmy

セールスマーケティング マネージャー 応用情報技術者、Tableau Desktop Qualified Associate、G検定、AUTOMATION ANYWHERE CERTIFIED ADVANCED RPA PROFESSIONAL保持 よさこい日本一メンバー

1 分で読むことができます。

ゼロからわかるBIツールTableau(タブロー)使い方 入門講座の目次

1 分で読むことができます。

【認定資格】Tableau Desktop Certified Associate合格のための勉強法

3 分で読むことができます。

【荒野行動】最強武器の強さランキング距離別TOP5