お問い合わせ
2 分で読むことができます。

【Tableau】カスタムSQLの使用方法

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2018年12月12日

目次

この記事は、『Tableau Knowledge Advent Calendar 2018』の第12回の記事です。

こんばんは。Jasonです。

今日のテーマは『カスタムSQLの使用方法』です!

そもそもカスタムSQLとは?

Tableauから直接データベースにSQLを発行し、
返ってきた結果をデータソースとして使用する機能を
「カスタムSQL」と言います。

まずはデータベースに接続してみよう!

今回は、OSSのRDB (リレーショナル・データベース)の代表格、MySQLを使用します。

実行環境

  • OS:Windows 10 Professional
  • バージョン:Tableau Desktop 2018.1.2
  • データベース:MySQL 5.7

 

接続方法

接続先から「MySQL」をクリックします。

 

接続情報を入力し、「サインイン」をクリックします。

 

接続が完了したら、「データベースの選択」をクリックします。

 

データベース(スキーマ)の一覧が表示されます。
今回はMySQL標準搭載の「world」をクリックします。

 

テーブルの一覧が表示されます。「country」をクリックします。

 

「country」テーブルの中身が表示されます。
国情報が格納されているのが確認できますね。

 

さて、次は上記のテーブルに対してカスタムSQLを発行し、
地域別で、国の数・人口・GNPを集計したいと思います!

 

カスタムSQLを使ってみよう!

「新しいカスタムSQL」をクリックします。

 

「カスタムSQLの編集」ウインドウが表示されます。
下記のようにSQLを入力したら、「OK」をクリックして閉じます。

 

 

そうすると・・・

 

 

この通りです!

ちゃんと国の数・人口・GNPが地域別で出力されていますね。
(人口の降順で表示させていますが、Eastern Asiaが多いのは中国を含んでいるからでしょうね)

 

ちなみにカスタムSQLを後から編集したい場合は、
「カスタムSQLクエリ」の右側にある下矢印から、
「カスタムSQLクエリの編集」をクリックすると編集できます!

 

以上、カスタムSQLの使用方法でした!

To Be Continued...

Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABではTableau紹介セミナーを定期開催しています。Tableauの製品紹介や他BI製品との比較だけでなく、デモンストレーションを通してTableauのシンプルな操作性やプレゼンテーション機能を体感いただけます。

詳細はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

1 分で読むことができます。

ゼロからわかるBIツールTableau(タブロー)使い方 入門講座の目次

2 分で読むことができます。

Tableauを使ってデータに接続してみよう!

2 分で読むことができます。

Tableauを使ってデータを結合してみよう!