お問い合わせ
1 分で読むことができます。

データハウスソリューションの利用状況をレポートで公開

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2021年12月30日

データハウスソリューションの利用状況をレポートで公開

日本国内における製品の利用を調査

合同会社風音屋は、「主要データウェアハウスソリューションの日本国内における利用動向調査2021」を発表しました。データウェアハウス製品の利用状況、利用意向を調査したもので、157名の有効回答をまとめています。

 

データ活用の重要性が高まる

データ活用はデジタル化において重要視されるようになり、そのデータ活用を支えるソリューションであるデータハウス製品の需要は高まっています。2020年にSnowflakeが米国にて上場し、現段階ではグローバルで最も注目されている分野の1つとなっています。

そこで風音屋は、ソリューションを利用する企業や目的、パフォーマンスなどの評価を行うため、アンケート調査を実施しました。

利用状況を「認知なし」「認知あり」「利用経験あり」「利用中」の4つ、次回利用意向を「大」「中」「小」「未回答」の4つのセグメントに分けて可視化し、「利用者視点の定量情報」をレポートにして公開しています。

 

ソリューション利用状況の可視化

対象となったソリューションは「Hadoop」「Treasure Data」「Azure Synapse」「Amazon Redshift」「Amazon Athena」「BigQuery (Google Cloud)」「Snowflake」、またアンケートで用意していないが回答のあったソリューションもあげられています。

レポートはダウンロードして閲覧することが可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

合同会社風音屋のプレスリリース

https://kazaneya.com/

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは、BIツールの無料紹介セミナー(動画)を配信しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

 

最新記事