お問い合わせ

マネーフォワードの法人用資金管理サービスにデータ分析・可視化システムを追加

金融機関が法人顧客の入出金情報などから経営をサポート

株式会社マネーフォワード(以下、マネーフォワード)が、独自の法人用資金管理サービス「Business Financial Management(以下、BFM)」に、データ分析・可視化システムを「XIM-BI」を追加する予定だと、10月1日に発表しました。

「BFM」は金融機関の法人顧客に提供する法人用資金管理サービスで、法人顧客が所有する複数の入出金明細などを管理画面上で自動取得・管理が可能です。

今回新たなシステムとして追加される「XIM-BI」には、サーバーレスなBIツール「Amazon QuickSight」を利用。マネーフォワードが金融機関に提供する法人顧客の入出金情報などを分析・可視化でき、経営サポートの展開につなげられます。

法人顧客へのビジネスマッチングなどの販路拡大支援に

「BFM」を利用することで金融機関は、法人顧客の財務状況などをリアルタイムで把握することが可能ですが、膨大な情報の活用が難しいといった声が上がっていました。

「XIM-BI」を追加することで、法人顧客の経営の実態を把握できるようになり、金融機関が迅速かつ適切なタイミングで融資提案や、ビジネスマッチングなど、販路拡大支援から経営サポートが可能となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社マネーフォワード プレスリリース

https://corp.moneyforward.com/

株式会社マネーフォワードのプレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000625.000008962.html

BIツールを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎週おすすめのBIツールの無料紹介セミナー(オンライン)を開催しています。初めてBIツールをご利用される方を対象に、BIツールの概要や、複数あるBIツールの違いについて分かりやすくご説明いたします。

セミナー一覧はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 データ活用に関するニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。

 

オンラインで無料相談会を開催しています。

「データ活用課題」全般のソリューションを提供しております。データ活用やBIツールの導入でお困りでしたらご相談下さい。

15年200社以上の実績ノウハウをもってご相談を承ります。

 

データ活用無料相談会はこちら

 

最新記事

1 分で読むことができます。

博報堂が音楽コンテンツを活用してマーケティングを支援

1 分で読むことができます。

クロスキャットがゴダイの統合情報データウェアハウスを構築