お問い合わせ
5 分で読むことができます。

【QlikView】動的更新(ダイナミック更新)

執筆者 KJ 更新日時 2014年12月15日

・QlikViewの動的更新(ダイナミック更新)について知りたい
・QlikViewでボタンなどのオブジェクトを使ってデータの一部分を更新する方法が知りたい

こんな疑問にお答えします。

目次

この記事は、BIツール導入支援及びDWH構築支援を15年以上続けてきたINSIGHT LABの中の人が書いています。

1.Qlikの動的更新(ダイナミック更新)とは

この記事は、QlikView(クリックビュー)で動的更新(ダイナミック更新)する方法についてご紹介させていただきます。

動的更新(ダイナミック更新)とはリロードが完了した後、ボタンなどのオブジェクトを使って、一部分を更新していくことです。

この記事では動的更新(ダイナミック更新)を実装していきます。

 

2.Qlikの動的更新(ダイナミック更新)の実装方法

まずはデータの準備をします。

 

データ準備

今回はこちらで用意したExcelデータを使っていきます。

以下よりExcelファイルをダウンロードしてください。

サンプルファイルをダウンロード

 

ダウンロードが完了したら、Qlikviewを開きます。

初めに【ドキュメントプロパティ】を開きます。

【動的データ更新を有効にする】にチェックが入っているか確認をします(入っていない場合はチェックを入れます)

 

キャプチャ23

 

次に、ロードスクリプトを開きます。

【テーブルファイル】から、先ほどダウンロードしたExcelファイルを読み込みます。

テーブル名を「製品情報」に変更します。

変更が完了したら、リロードをします。

 

キャプチャ

 

最初にストレートテーブルを作成します。

【シートオブジェクト】の追加から、【チャート】を選択します。 【チャートの種類】から「ストレートテーブル」を選択します。

 

キャプチャ2

 

【軸項目】に「ID」「年」「月」「商品」を追加します。

 

キャプチャ3

 

【ラベル】を「売上」にして、【定義】を「=sum(売上)」にします。 【OK】を押します。

 

キャプチャ4

 

ストレートテーブルが完成しました。

入力ボックスを使って、ストレートテーブルの1項目のみを変更していくようにしていきます。

 

キャプチャ5

 

変数を設定します。

ツールバーの【設定一覧】から【変数一覧】を開きます。

【追加】を押して、以下の4つの変数を作成します。【値】は入力しません。

1.vYear

2.vMonth

3.vSales

4.vProduct

 

追加できたら、【OK】を押します。

 

キャプチャ1

 

 

次に入力ボックスを作成していきます。

【シートオブジェクトの追加】から、【入力ボックス】を選択します。

「vYear」を追加します。

 

追加が完了したら、【OK】を押します。

 

キャプチャ6

 

入力ボックスが作成できました。

 

キャプチャ7

 

同じ手順で変数の分、入力ボックスを作成します。

完成したら、位置を調整します。

 

キャプチャ8

 

次に「更新準備」ボタンと「更新」ボタンをそれぞれ1個づつ作成していきます。

 

Qlikで動的更新をするための「更新準備ボタン」の作成

【シートオブジェクトの追加】から、【ボタン】を選びます。

【テキスト】は「更新準備」と入力をします。

キャプチャ11

 

【アクション】タブを選択し、【追加】を押します。

アクションの種類から【その他】を選択し、アクションから【変数の設定】を選択します。

【変数】と【値】に以下を入力します。

変数…vYear 値…=年

キャプチャ13

こちらも同じように変数の数だけ、設定をしていきます。

変数…vYear    値…=年

変数…vMonth   値…=月

変数…vSales    値…=売上

変数…vProduct   値…=製品

 

追加したら、【OK】を押します。

 

キャプチャ14

 

更新準備ボタンが完成しました。

IDを選択して、更新準備ボタンを押すと年、月、製品、売上がそれぞれ格納されます。

 

キャプチャ15

 

続いて「更新」ボタンを作成していきます。

 

Qlikで動的更新をするための「更新ボタン」の作成

「更新準備ボタン」を作成するところまで終えましたので、ここからは「更新ボタン」を作成していきます。

【シートオブジェクトの追加】から【ボタン】を選択します。

【テキスト】に「更新」と入力しましょう。

キャプチャ17

 

次に、【アクション】タブを選択し、【追加】ボタンを押します。

【アクションの種類】から【その他】を選択し、【アクション】から【動的更新】を選択します。

【動的更新】を選択すると【Statement】という入力項目が出てきますので、そこに以下の式を入力します。

=If(GetPossibleCount(ID)=1,'Update 製品情報 Set 年='& Chr(39) & '$(vYear)'& Chr(39) & ', 月='& Chr(39) & '$(vMonth)' & Chr(39)& ', 製品='& Chr(39) & '$(vProduct)' & Chr(39)& ', 売上='& Chr(39) & '$(vSales)'& Chr(39)& '  Where ID = '&Max(ID) &';')

 

入力できたら、【OK】を押します。

キャプチャ18

 

【更新】ボタンが完成しました。

キャプチャ19

 

最後にリストボックスを作成します。

【リストボックスの追加】を選択します。

【項目】タブから「ID」を追加して、【OK】を押します。

 

キャプチャ20

以上で完成しました。

変更したいIDを選択して、「更新準備」を押します。

※ここでは4を選択しました。

IDの値が入力ボックスに格納されるので、変更したい入力ボックスの値を変えます。

 

キャプチャ21

 

「更新」ボタンを押すと、入力ボックスの値が更新されて、チャートに反映されました!

 

キャプチャ22

 

今回の記事は、以上です。

QlikViewを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。QlikViewとQlik Senseの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlikViewとQlik Senseの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

KJ

執筆者 KJ

セールスマーケティング 部長 野球部 部長