お問い合わせ

QlikViewでは、共通の項目名のテーブルのみ連結されます。

そこで、Concatenateというステートメントを使用することにより、強制的にテーブルを結合させることができます。

逆にNoconcatenateというステートメントを使用して、分離させていくこともできます。

今回はQlikview(クリックビュー)のステートメントであるConcatenateについての説明をしていきます。

 

QlikViewでConcatenate関数を使って強制的にテーブルを結合する

画像のテーブルファイルの「都道府県」と「市区郡町村」のテーブルを結合します。

 

cap3

 

1.ロードスクリプト編集画面を開きます。

2.「Data_Source」の赤枠で囲んだファイルを読み込みます。

 

キャプチャ1

 

3.「市区郡町村」テーブルの「都道府県コード」を削除します。

 

cap

 

 

 

4.リロードをかけます。テーブルビューアーで確認をすると「都道府県」と「市区郡町村」テーブルが分離されていることが確認できます。

 

ナレッジ修正1

 

5.もう一度、ロードスクリプトを開きます。

一番下に『Concatenate(都道府県) LOAD* FROM [..\..\QVナレッジ\Data_Source\市区郡町村.csv];』と入力します。

※FROMの後にはcsvファイルのアドレスが入るため、任意のものに変更する必要があります。

 

キャプチャ1

 

6.テーブルが2つになってしまうので、元データの「市区郡町村」のテーブルをコメントアウトします。

7.【OK】ボタンを押下します。

 

cap6

 

 

8.【リロード】ボタンを押下します。

【テーブルビューアー】を開くと、2つのテーブルが結合されていることが確認できます。

 

cap2

 

Qlikで使えるloadscript(ロードスクリプト)一覧はこちら

 

QlikViewを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。QlikViewとQlik Senseの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlikViewとQlik Senseの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

Deck

執筆者 Deck

BIスペシャリスト