お問い合わせ
2 分で読むことができます。

【QlikView】日付、リロード時間を表示する

執筆者 KJ 更新日時 2014年2月03日

QlikView(クリックビュー)ではいつリロードしたのかを把握するためにリロードした時間をテキストオブジェクトに表示することができます。

 

● テキストオブジェクトの作成

1.テキストオブジェクトの追加ウィンドウを開きます。

 

 

■ 基本設定

1.【テキスト】に以下の内容を入力します。

='Reloded on ' &DATE(ReloadTime(),'DD/MMM/YYYY')

last_reload1

 

 

 

 

『DD/MMM/YYYY』の部分は、ロードスクリプトのSETの文字列から取得しています。

例えば、Mが二つ、『DD/MM/YYYY』だと数字で2月

Mが三つ『DD/MMM/YYYY』だと、英語表記でFeburaryになります。

SETのMonthNameが『Jan、Feb、Mar.・・・』になっていた場合は、『Feburary』ではなく『Feb』と表記されます。

 last_reload2

 

 

 

 

次に背景の色を変えます。

1.【背景】の色選択の下部にある【透過性】を100%にします。

2.【OKボタン】を押します。

last_reload3

 

 

 

 

以上の作業でテキストオブジェクトが作成されていることが確認できます。

last_reload4

 

 

また、リロードした時刻を表示させたい場合の方法は以下の通りです。

■ 基本設定

1.【テキストオブジェクト】の【テキスト】に以下の内容を入力します。

='Reloded on ' &DATE(ReloadTime(),'DD/MMM/YYYY')&'at'&TIME(ReloadTime(),'hh:mm')

2.【OKボタン】を押します。

last_reload5

 

以上の作業でリロード時間も表示されていることが確認できます。last_reload6

 

QlikViewを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。QlikViewとQlik Senseの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlikViewとQlik Senseの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

KJ

執筆者 KJ

セールスマーケティング 部長 野球部 部長