お問い合わせ

■目次

QlikViewの配色ウィザードでテーブルの背景色を数値によって変える

QlikView(クリックビュー)ではストレートテーブルやピボットテーブルの背景色を数値によって変えることができます。

今回は配色ウィザードを用いてピボットテーブルの背景色に変化を与えていきます。

配色ウィザードを用いることによって、数値の大小を視覚的に捉えることができます。

 

ピボットテーブルの作成

1.チャートの追加ウィンドウを開きます。

 

■基本設定

1.【チャートの種類】から『ピボットテーブル』を選択します。

2.【次へボタン】を押します。

hai007

 

 

■軸

1.【項目/グループ】から『年月』を選択し、【追加ボタン】を押します。

2.【軸項目】に『年月』が表示されているのを確認して、【次へボタン】を押します。

hai006

 

 

■数式の編集

1.空欄に『Sum (売上数量)』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

hai005

 

 

■数式

1.【完了ボタン】を押します。

hai004

 

上記のように背景が白色のピボットテーブルができました。

ここからピボットテーブルの背景に色を付けていきます。

今回の色の付け方はテーブル右の『売上数量』によってテーブル左の『年月』の背景に色を付けるという仕組みです。

 

ピボットテーブルの背景色の変更

1.ピボットテーブル上で右クリックをしてプロパティを開きます。

 

■軸

1.【軸項目】の『年月』の左にある【+ボタン】をクリックします。

2.下に出てきた項目の中から背景色をクリックします。

3.【軸項目】の右下にある【編集ボタン】を押します。

hai003

 

■数式の編集

1.ファイルをクリックします。

2.【配色ウィザード】をクリックします。

hai002

 

■配色ウィザード

1.【次へボタン】を押します。

 

■Step1-配色ウィザード

1.【数式】に『sum(売上数量)』と入力します。

2.【次へボタン】を押します。

 

hai001

 

■Step2-配色ウィザード

1.【自動調節】のチェックボックスをオフにします。

2.【上限値】に『60000』と入力します。

3.【中間値】のチェックボックスをオンにして『45000』と入力します。

4.【下限値】に『30000』と入力します。

※色は今回はこのままでやります。適宜、適切な色を選択してください。

5.【次へボタン】を押します。

 

hai0005

 

■Step3-配色ウィザード

1.【完了ボタン】を押します。

 

■数式の編集

1.【OKボタン】を押します。

 

 

■軸

1.【OKボタン】を押します。

以上の作業を通して完成したピボットテーブルが下記です。

 

hai010

 

『売上数量』が『年月』の背景色に反映されていることがわかります。

また『売上数量』自体にも配色ウィザードを使って上記と同様に色をつけることができます。

 

 

売上数量に背景色を加える

1.先ほどと同様にプロパティを開きます。

 

■数式

1.『sum(売上数量)』の左にある【+ボタン】を押します。

2.下に出てきた項目の中から背景色をダブルクリックします。

 

hai011

 

 

ここからは先ほどと同じ手順を踏みます。

完成したピボットテーブルが下記です。

 

hai012

 

この記事は、以上です。

QlikViewを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。QlikViewとQlik Senseの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlikViewとQlik Senseの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

Deck

執筆者 Deck

BIスペシャリスト