お問い合わせ
1 分で読むことができます。

【Tableau】バタフライチャートの利用方法

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2018年12月19日

目次

この記事は、『Tableau Knowledge Advent Calendar 2018』の第19回の記事です。
今日のテーマは『バタフライチャート』です!

バタフライチャート

バタフライチャートは「年齢」「性別」ごとの人数を可視化する際によく使われる典型的なチャートです。
今回はTableauでの作り方を解説していきます。

まず、今回使用するのは以下の様な構造のデータです。

1.年齢のビンを作成する

バタフライチャートでは、年代毎の人数をカウントするので、Tableauではビンを利用します。
今回は10歳ごとの年代を軸としていきます。

2.男女のカウントをする

データの中に性別が入っているので、それを利用して男女それぞれのカウントをしていきます。
カウント方法は色々と考えられますが、今回は単純にフラグを立てる方法でやってみます。
以下のような計算フィールドを男女それぞれ作成します。

3.チャートを作成する

ここまでで準備はできましたので、チャートを作っていきましょう。
まずは、以下のように要素を配置します。
列:合計(男性)、合計(女性)
行:年齢(ビン)

次に、性別毎に色分けをします。

形をピラミッドにするため、男性のグラフを反転させます。
男性の軸を右クリックし”軸の編集”から、”反転”にチャックをつけます。

すると、男性のグラフが反転し、ピラミッドっぽくなってきました。

最後に、年齢のビンを降順に並び替えると、

バタフライチャートの完成です。

以上、バタフライチャートでした!

Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABではTableau紹介セミナーを定期開催しています。Tableauの製品紹介や他BI製品との比較だけでなく、デモンストレーションを通してTableauのシンプルな操作性やプレゼンテーション機能を体感いただけます。

詳細はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

1 分で読むことができます。

ゼロからわかるBIツールTableau(タブロー)使い方 入門講座の目次

2 分で読むことができます。

Tableauを使ってデータに接続してみよう!

2 分で読むことができます。

Tableauを使ってデータを結合してみよう!