お問い合わせ
1 分で読むことができます。

Qlik Senseで分析しやすいデータ構造を作るためにすべきことまとめ

執筆者 Deck 更新日時 2020年10月20日

Qlik Senseで分析しやすいデータ構造を作るためにすべきことまとめ

■目次

1.Qlik Senseで分析しやすいデータ構造とは

この記事では「分析しやすいデータ構造とはどんなものか」「データ構造を作るためにテーブルを操作する方法」を解説します。

「Qlik Senseでデータ分析しやすいデータ構造とは」の記事はこちら

 

2.Qlik Senseで分析しやすいデータ構造を作るテクニック【テーブルの関連付け】

テーブルを読み込むとき、項目名を共有するようにするとそれらのテーブルは「関連付け」された状態となり、関連付けされたテーブル同士は選択状態が他のテーブルにも波及するようになります。

この記事では、テーブルの関連付けの仕方について詳しく解説します。

「データ分析しやすいデータ構造を作るテクニック【テーブルの関連付け】」の記事はこちら

 

3.Qlik Senseで分析しやいデータ構造を作るテクニック【テーブルの結合:Concatenate】

テーブルの結合とは、元々存在するテーブルの末尾に新しい行を追加し、テーブルを1つにまとめることです。この記事ではConcatenateを使ったテーブルの結合方法について詳しく解説します。

「分析しやいデータ構造を作るテクニック【テーブルの結合:Concatenate】」の記事はこちら

 

4.Qlik Senseで分析しやすいデータ構造を作るテクニック【テーブルの結合:Join】

Joinは、2つのテーブルの共通点を見出してまとめることです。この記事ではJoinを使ったテーブルの結合方法について詳しく解説します。

「分析しやすいデータ構造を作るテクニック【テーブルの結合:Join】」の記事はこちら

Deck

執筆者 Deck

BIスペシャリスト