お問い合わせ
2 分で読むことができます。

Qlik Senseでアプリの追加と公開をする方法

執筆者 Jimmy 更新日時 2015年12月28日

Topics: Apps Server
【Qlik Sense】アプリの追加と公開

この記事は、Qlik Senseで作成したアプリをQMCに追加する解説をします。

Qlik Sense Desktop版で作成したアプリも追加することが可能です。

 

 

はじめにQMCを開きます。

[Start]から、[Apps]を選択します。

キャプチャ

 

[Import]を押下します。

キャプチャ1

 

[Import app]のダイアログが開きますので、追加したいアプリを選択します!

[App name]でアプリ名を変更できます。

[Import]ボタンを押下します。

キャプチャ2

 

アプリが追加されました。

ここから、アプリを公開していきます。

キャプチャ3

 

[Start]から、[Apps]を選択して、概要を表示します。

公開したいアプリを選択して、[Publish]を押下します。

キャプチャ4

 

ドロップダウンメニューから、公開先のストリームを選択します。

ストリームについては「ストリームの作成」をご覧になってください。

[Name]から、アプリ名を変更できます。

[OK]ボタンを押下します。

キャプチャ5

 

これでアプリが公開されました!

キャプチャ6

 

 

公開したアプリは、編集することができません。

アプリを編集して再公開したい場合は、公開済みのアプリを選択して、

[Duplicate]を押下します。

キャプチャ7

 

 

これでアプリが複製されますので、複製したアプリを編集します。

[Replace existing]にチェックを入れて、編集したアプリと公開済みのアプリを置き換えることができます。

キャプチャ9

 

いかがでしたか。

今回は作成したアプリを追加して、公開するまでの流れをご紹介しました。

こちらはQSサーバーの基本となりますので、是非覚えてください。

Qlik Senseを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。Qlik SenseとQlikViewの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlik SenseとQlikViewの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

Jimmy

執筆者 Jimmy

セールスマーケティング マネージャー 応用情報技術者、Tableau Desktop Qualified Associate、G検定、AUTOMATION ANYWHERE CERTIFIED ADVANCED RPA PROFESSIONAL保持 よさこい日本一メンバー