お問い合わせ
1 分で読むことができます

【小ネタ】タスク一覧を物理テーブル化する方法

執筆者 BI LAB編集室 更新日時 2021年6月28日

Topics: snowflake
Snowflakeのタスク一覧をテーブル化してみました。

目次

Snowflakeのワークシート上で
SHOW TASKS
を実行すると、作成済のタスク一覧が表示されます。

このコマンドは各タスクの状態(開始中/停止)やスケジュールを確認する際に便利なのですが、
テーブルのように自由に検索や集計をすることができません…。
運用上、自由に検索や集計したいときがあるのです…。

そのため、「SHOW TASKSの結果をそのままテーブル化したい」と思い調べた結果…
RESULT_SCAN
を活用すると実現できることが判明しました!

RESULT_SCANは直前に実行した結果をテーブルのように出力できます。
そしてCREATE TABLE文と組み合わせることでテーブル化が実現できます。

では早速やってみましょう!

手順

具体的な手順は以下の通り。

①SHOW TASKSを実行し、タスク一覧を出力

show tasks;

 

②CREATE TABLE文にRESULT_SCANを組み込む

CREATE TABLE show_tasks_table
AS
SELECT * FROM table(result_scan(last_query_id()));


※show_tasks_tableの部分は任意のテーブル名にして下さい。

手順は以上となります!簡単ですね。
タスク一覧のテーブル化でお困りの方はぜひ試してみて下さい。

以上、「【小ネタ】タスク一覧を物理テーブル化する方法」でした!


弊社では、
Snowflakeの活用に向けた提案、PoC実施サポート、導入、運用保守、既存DWHからの移行などをご支援いたします。また、BIツール・ETLも含めたデータ分析基盤全体の構築支援もご提供しております。お気軽にお問い合わせください。

Snowflakeを体験してみませんか?

INSIGHT LABではSnowflake紹介セミナーを定期開催しています。Snowflakeの製品紹介だけでなく、デモンストレーションを通してSnowflakeのシンプルなUI操作や処理パフォーマンスの高さを体感いただけます。

詳細はこちら

BI LAB編集室

執筆者 BI LAB編集室

BI LAB(データ活用研究所)編集室です。 BI、AI、DWHなどデータ活用に関するトレンドやニュースやコラムをほぼ毎日配信しています。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、事例インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、データ活用の専門家ならではの視点と情報量でお届けします。

5 分で読むことができます。
【禁断の比較?】SnowflakeとTreasure Dataを比べてみました
4 分で読むことができます。
Snowflakeの料金体系|クレジットと費用最適化のポイントをご紹介
2 分で読むことができます。
DWH(データウェアハウス)とは? 定義・メリットをご紹介
9 分で読むことができます。
Snowflakeのタスク失敗通知をAWSで実装してみた