お問い合わせ

目次

こんにちは、皆さん。
最近SnowVillageに出演させていただいてSnowflakeの味を占めたBudoこと荻本です。
Snowflake×機械学習に関して色々と調べていくと、とあるキーワードが目につきました

Snowpark

なんぞこれ?
どうやら、AWSホスティングされているSnowflakeアカウントであれば利用できる機能のようです。(2021年9月現在)
また、データをわざわざローカルに移動させなくともSnowflake上で処理できるアプリケーションを作成することができるようです。(現在はScalaでのみ利用可能)
つまり、自作のScalaで書いた処理をSnowflake上の計算リソースで実行できる機能ということです。
これにより、Snowflakeでは出来ない込み入った処理やPMMLを利用した機械学習モデルの推論処理がSnowflake上のデータに適用可能となります。

ということで、今回はSnowparkで開発できる環境を作り、テーブルにアクセスするとこまでやってみようと思います。

Metals導入-プロジェクト立ち上げ

今回はSnowparkの公式ドキュメントにも記述があったMetalsというVS Codeで使えるJava/Scala環境プラグインを使います。
VS Codeの[拡張機能]のアイコンをクリックし、「Metals」と検索すると「Scala(Metals)」というプラグインが出てくるのでインストールします。
SS00000239

インストールが出来たら左側のタブにMetalsのアイコンが出てきますので、アイコンをクリック。
すると左側にMetalsのタブが出現します。

SS00000241

ここで[New Scala project]をクリックすると以下のような選択肢が出てきます。
これは、プロジェクトのテンプレートを選択可能な状態です。
今回は、「scala/hello-world.g8」を選択します。

SS00000243

すると次は、ワークスペースディレクトリを聞かれるので任意のディレクトリを選択します。

SS00000244-1

次にプロジェクト名を入力します。

SS00000247-1

その後、右下に以下のような選択肢が出てくるので[Yes]を選択すると別ウィンドウでプロジェクトが開きます。

SS00000248

新しく開いたウィンドウでbuildをインポートするか聞かれるので、[Import build]を選択します。

SS00000249

以上で、Scalaのプロジェクトが立ち上がりました。

ここで、src/main/scala/Main.scalaを開いて動作確認をします。
上記の開いたエディタ上で「Run」をクリックするとデバッグコンソールが開き、「Hello, World!」と表示されます。

SS00000251

これで、Scalaの開発環境が整いました。

ライブラリ設定 + Scalaバージョン設定

Snowparkを利用する為にライブラリの設定とScalaのバージョンを設定します。
カレントディレクトリ下の「build.sbt」を開き編集します。
まずは、Scalaバージョンを変更します。
Metalsでプロジェクトを立ち上げるとScalaのバージョンが2.13.xxとなっています。
現状、Snowparkは2.13.xxはサポートしておらず、2.12.9以降がサポートされています。(2021/9現在)
なので、「scalaVersion」の変数を"2.12.14"に変更します。

また、OSGeoのリポジトリ追加とSnowparkライブラリの依存関係追加を記述します。
追加で設定ファイルの読み込みができるライブラリも記述します。
具体的には以下のスニペットを「build.sbt」に追記します。

resolvers += "OSGeo Release Repository" at "https://repo.osgeo.org/repository/release/"

libraryDependencies ++= Seq(
    "org.scala-lang.modules" %% "scala-parser-combinators" % "1.1.2",
    "com.snowflake" % "snowpark" % "0.6.0",
    "com.typesafe" % "config" % "1.4.1",
    "org.pmml4s" %% "pmml4s" % "0.9.11"
)

これでライブラリ設定とScalaのバージョン設定が完了しました。

設定ファイル作成

Snowflakeへのアクセス情報を設定ファイルに記述します。
src/main/resources/application.confというファイルを作成します。
このファイルには、以下のような情報を記述します。

snowflake {
    url = "https:///[YOUR_SNOWFLAKE_ACCOUNT].snowflakecomputing.com:443",
    user = "[USER]",
    password = "[PASSWORD]",
    role = "[ROLE]",
    warehouse = "[WAREHOUSE]",
    db = "[DATABASE]",
    schema = "[SCHEMA]"
}

これで設定ファイルの作成は完了しました。

セッションを作成⇒クエリ実行

ここからはScalaを記述してSnowflakeでクエリの実行をしてみましょう。
src/main/scala/Main.scalaを開いて以下の様にコードを書き換えます。

import com.snowflake.snowpark._
import com.snowflake.snowpark.functions._
import com.typesafe.config._

object Main {
  def main(args: Array[String]): Unit = {
    val conf = ConfigFactory.load()
    val configs = Map (
      "URL" -> conf.getString("snowflake.url"),
      "USER" -> conf.getString("snowflake.user"),
      "PASSWORD" -> conf.getString("snowflake.password"),
      "ROLE" -> conf.getString("snowflake.role"),
      "WAREHOUSE" -> conf.getString("snowflake.warehouse"),
      "DB" -> conf.getString("snowflake.db"),
      "SCHEMA" -> conf.getString("snowflake.schema")
    )
    val session = Session.builder.configs(configs).create
    session.sql("select * from IRIS_TEST").show()
  }
}

あとは、動作確認時に行った手順通りにScalaを実行すると以下のような出力が出てきます。

[main]  INFO (Logging.scala:22) - Closing stderr and redirecting to stdout
[main]  INFO (Logging.scala:22) - Done closing stderr and redirecting to stdout
[main]  INFO (Logging.scala:22) - Actively querying parameter snowpark_lazy_analysis from server.
[main]  INFO (Logging.scala:22) - Execute query [queryID: XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX]  SELECT  *  FROM (select * from IRIS_TEST) LIMIT 10
------------------------------------------------------------------------------
|"SEPAL_LENGTH"  |"SEPAL_WIDTH"  |"PETAL_LENGTH"  |"PETAL_WIDTH"  |"TARGET"  |
------------------------------------------------------------------------------
|4.9             |3.0            |1.4             |0.2            |0         |
|5.4             |3.9            |1.7             |0.4            |0         |
|5.1             |3.8            |1.5             |0.3            |0         |
|5.2             |3.4            |1.4             |0.2            |0         |
|4.7             |3.2            |1.6             |0.2            |0         |
|4.9             |3.6            |1.4             |0.1            |0         |
|5.1             |3.4            |1.5             |0.2            |0         |
|4.4             |3.2            |1.3             |0.2            |0         |
|5.1             |3.8            |1.9             |0.4            |0         |
|4.8             |3.0            |1.4             |0.3            |0         |
------------------------------------------------------------------------------

無事に任意のテーブルが参照できました。

最後に

Snowparkの開発環境の設定をVS Codeで行いクエリの実行を行いました。
Metalsのおかげで簡単に環境設定が出来たかと思います。
今後は、SnowparkでのUDFでの機械学習モデルの推論実行を試してみたいと思います。

Snowflakeを体験してみませんか?

INSIGHT LABではSnowflake紹介セミナーを定期開催しています。Snowflakeの製品紹介だけでなく、デモンストレーションを通してSnowflakeのシンプルなUI操作や処理パフォーマンスの高さを体感いただけます。

詳細はこちら

Budo Ogimoto

執筆者 Budo Ogimoto

柔術を操るデータサイエンティスト