お問い合わせ
2 分で読むことができます。

Tableau Prepでデータの入力と出力をする方法

執筆者 Jimmy 更新日時 2021年5月14日

tableau prep

目次

Tableau Prepでデータの入力と出力をする方法

この記事は、Tableau Prepでデータ入力方法とデータの出力方法を解説します。

 

1.Tableau Prepとは?

Tableau Prepとは、ETLツールです。

Tableauで仕様する抽出ファイル(.hyper)の入力、出力を行うこともできます。

Prepでフローを完成させると以下のようになります。

完成例

今日はこの中でも「入力」アイコンの説明をします。
「入力」はこのアイコンになります。

 

2.入力データの説明

今回はExcelファイルを入力します。
ファイル内容は「prepdata.xlsx」、データは以下となります。


 

3.入力の追加

Tableau Prepを起動し、画面左上の「+」ボタンを押すと
接続可能な一覧が表示されますので、「Microsoft Excel」を選択します。


ファイルダイアログが表示されますので「prepdata.xlsx」を選択すると、
以下の画面が表示されます。

画面上部に入力アイコンが表示され、Excelの内容が表示されます。

使用項目の設定、変更が行えます。
使用しない項目の場合はチェックボックスをOFFにします。
フィールド名をダブルクリックすると変更できます。

今日はここまでとします。
ここで一旦ファイルを保存しましょう。
保存方法は、左上の「ファイル」→「名前を付けて保存」で行います。

 

4.出力の追加

フローを開き、入力アイコンの「+」ボタンを押し、「出力の追加」を選択します。

以下の画面が表示されます。
出力アイコンが追加され、出力詳細で保存方法を設定できます。

ここでは出力ファイル名を「dataoutput01」、出力タイプを「csv」とします。
出力タイプは他に抽出ファイル「.hyper」「.tde」があります。

5.フローの実行

「▶」ボタンで実行します。

処理終了後に終了画面が表示されます。
所定フォルダにファイルが出力されます。

この記事は以上です。

Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABではTableau紹介セミナーを定期開催しています。Tableauの製品紹介や他BI製品との比較だけでなく、デモンストレーションを通してTableauのシンプルな操作性やプレゼンテーション機能を体感いただけます。

詳細はこちら

Jimmy

執筆者 Jimmy

セールスマーケティング マネージャー 応用情報技術者、Tableau Desktop Qualified Associate、G検定、AUTOMATION ANYWHERE CERTIFIED ADVANCED RPA PROFESSIONAL保持 よさこい日本一メンバー

1 分で読むことができます。

ゼロからわかるBIツールTableau(タブロー)使い方 入門講座の目次

3 分で読むことができます。

【荒野行動】最強武器の強さランキング距離別TOP5

1 分で読むことができます。

【認定資格】Tableau Desktop Certified Associate合格のための勉強法

2 分で読むことができます。

Tableauを使ってデータに接続してみよう!

2 分で読むことができます。

Tableauを使ってデータを結合してみよう!

1 分で読むことができます。

セルフサービスBIツール「Tableau」とは?