お問い合わせ
1 分で読むことができます。

【Qlik Sense】ボタンを使ったアクション:ボタンで選択内容を操作しよう

執筆者 Jab 更新日時 2020年7月10日

Topics: アクション
【Qlik Sense】ボタンを使ったアクション:ボタンで選択内容を操作しよう

 

こんにちは、Jabです。

今回は、選択の操作性を上げる為に
ボタンに選択内容の操作を行う為の、アクションを追加してみましょう。

■手順1

まずはチャートより、ボタンをシート内に配置します。

今回は、"選択内容のクリア"・"一つ前の操作に戻る"・"一つ後の操作に進む"という
3つのボタンを作成していきます。

それぞれ"Clear"・"<<"・">>"というボタンを作成します。
下記の画像1のようなボタンを、参考に作成していただければと思います。

(画像1)

■手順2

次に配置した各ボタンにアクションを追加していきます。
下記の画像2を参考に各ボタンにアクションを追加します。

 

 

 

 

 

 

(画像2)

"<<"には「選択で前に進む」
"Clear"には「選択をすべてクリアする」
">>"には「選択で後ろに進む」を設定していきます。

これにより、選択内容を操作する為のボタンの完成です。
次回は変数を使った「切り替えボタン」の作成について書いていきます。

Qlik Senseを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。Qlik SenseとQlikViewの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlik SenseとQlikViewの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

Jab

執筆者 Jab