お問い合わせ
2 分で読むことができます。

Qlik Senseの検索機能4パターン【前方一致、部分一致、OR検索、数値や日付の検索】

執筆者 Deck 更新日時 2017年6月30日

Topics: チャート
前方一致、部分一致、OR検索、数値や日付の検索

Qlik Senseの検索機能

こんにちは。Deckです。
今回は、Qlik Senseでデータを探すときに便利な検索機能4パターンを紹介します。

前方一致検索

Qlik Senseの通常の検索パターンです。
検索欄に「島」を入力すると、「島」から始まる文字列のみがヒットします。


 

部分一致検索

文字列の一部に検索するパターンが含まれる場合にヒットするパターンです。
検索キーワードを*(アスタリスク)で挟むと部分一致検索になります。


 

OR検索

文字列が検索キーワードのどちらか一方でも含まれる場合にヒットするパターンです。
検索キーワードをスペースで区切り、「 | 」(パイプ)でつないで入力します。


 

数値・日付を検索

数値を検索する場合、不等号を使って検索することができます。


不等号を2つ使って、日付の範囲を検索することも可能です。
下の例では「2017/03/01~2017/03/05」を検索しています。


 

この記事は、以上です。

Qlik Senseを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。Qlik SenseとQlikViewの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlik SenseとQlikViewの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

Deck

執筆者 Deck

BIスペシャリスト