お問い合わせ

こんにちは。Deckです。

この記事はQlik Sense初心者のためのゼロからの解説をするシリーズ、第1回目です。

データ分析に興味があるけれど、どうやったらいいかわからない……」

ビッグデータって単語をよく聞くようになってきたけど、これっていったい何?」

エクセルとパワーポイントのグラフでプレゼンテーションをやってきたけれどできることに限界を感じてきた!」

という方に向けて、シリーズ全体を通して、Qlik Senseの解説をしていきたいと思います。

 

第1回となる本記事は、

 「BIツール「Qlik Sense」を使うと何ができるの?」

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むと・・・

・Qlik Senseを使うと何ができるのか、ざっくりとした概要がわかるようになります。

まずは、BIツールできることのイメージを掴んで、第2回以降の記事で具体的に触って理解していきましょう。

この記事は、BIツール導入支援及びDWH構築支援を15年以上続けてきたINSIGHT LABの中の人が書いています。

 

Qlik Senseを使うと何ができるの?

  • 大量のデータでもサクッとデータの可視化(集計、グラフ作成など)することができる
  • 複数のファイルを読み込んでデータの可視化(集計、グラフ作成など)ができる
  • 年月・教科・商品などのデータをワンクリックで絞り込んで即座に再計算できる

エクセルではできませんよね?

一言でいうと、

複数のシステムから持ってきた大量のデータを簡単に細かく自分の見たいように可視化できる。

といった所でしょうか。

 

Qlik Senseは、無料で30日間も利用でお試しできるトライアルライセンスを提供しています。

無料で30日間Qlik Senseが利用できるトライアルの申し込みページはこちら

 

では続いて、

Qlik Senseを使うとどんなことができるのか、

実際のQlik Senseの画面で説明してみます。

 

エクセルファイルやCSVファイルなどをQlik Senseに取り込むと、

売上のダッシュボードを表示するのはもちろん……

ダッシュボード例

グラフをクリックして欲しいデータだけを絞り込みできます。

 

全データを俯瞰して眺めることと、その一部分だけを抜き出して分析することができるのです。

 

つまりこの画面のデータを絞り込んで、

絞り込む前

(空白)      矢印下

特定の商品のみを分析することができます。

絞り込み2

 

絞り込みの機能を使うと売上順のランキング表示を年代順に行って、

どの年代に何が売れているのか把握したりできます。

 

年代別

 

どうでしょう?どんなものかイメージができましたか?

 

これからの一連の記事でこれらの画面を実際に作成してみましょう。

Qlik Senseの基本から解説していきます。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

 

第2回「ドラッグ&ドロップでデータのロード」の記事はこちら

 

『ゼロからわかる!Qlik Sense入門講座』の目次は、こちら

 

Qlik Senseを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。Qlik SenseとQlikViewの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlik SenseとQlikViewの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

Deck

執筆者 Deck

BIスペシャリスト