お問い合わせ
2 分で読むことができます。

Qlik Senseでユーザーアカウントとライセンスの追加をする

執筆者 Jimmy 更新日時 2015年12月03日

Qlik Senseでユーザーアカウントとライセンスの追加をする

この記事では、Qlik Senseサーバーにユーザーアカウントを追加し、

ライセンスを設定するまでの流れを紹介していきます。

 

Qlik Sense serverをインストール時は[RootAdmin]というアカウントしかなく、

複数のユーザーで使うためには新しくアカウントを追加する必要があります。

 

また、追加したユーザーでQlik Senseにアクセスするためにはライセンスを設定しなければなりません。

手順は簡単なので、参考にしてください!

 

初めにWindowsにユーザーアカウントを追加します。

資料1

 

 

次にQMCを開きます。

追加したユーザーアカウントをQlik Senseサーバーに登録するためには

QMCでコネクタを作成する必要があります。

 

コネクタを作成していきます。

[User directory connectors]を選択します。

資料2

 

 

[Create new]を押下します。

資料3

 

 

[Type]は[Local network]を選択して、

[name]は任意のコネクト名を入力します。

[Apply]を押下します。

資料4

 

 

コネクタが作成できました。

資料5

 

 

先ほど追加したユーザーアカウントでQMCにログインします。

[Users]に追加したアカウントが表示されていますね!

資料6

 

追加したアカウントにライセンスを設定します。

[License and tokens]を選択します。

資料7

 

 

[User access allocations]を選択して、[Allocate]を押下します。

資料8

 

 

ユーザー一覧が表示されますので、ライセンスを設定するユーザーを選択します。

これで、ユーザーの追加とライセンスの設定が完了しました。

 

この記事は以上です。

Qlik Senseを体験してみませんか?

INSIGHT LABではQlik紹介セミナーを定期開催しています。Qlik SenseとQlikViewの簡単な製品概要から、Qlikの特性である「連想技術」のご紹介、デモを通してQlik SenseとQlikViewの操作感や美しいインターフェースをご覧いただきます。企業の大切な資産である膨大なデータからビジネスを発見する 「Business Discovery」を是非ご体験ください。

詳細はこちら

Jimmy

執筆者 Jimmy

セールスマーケティング マネージャー 応用情報技術者、Tableau Desktop Qualified Associate、G検定、AUTOMATION ANYWHERE CERTIFIED ADVANCED RPA PROFESSIONAL保持 よさこい日本一メンバー